婦人

少ない自己資本でのM&A

男女

資金調達の方法

経営難に陥った会社を存続させる目的に加え、資金力に余裕のある企業による事業拡大の目的でもM&Aの手法が多く行われています。M&Aには企業同士の合併や企業買収の他にも株式譲渡や会社分割から業務提携まで視野に入れていますが、企業買収は投資の手法としても利用されてきました。優れた技術や経営資産を持つ企業を買収して完全子会社化することにより、企業価値を大きく向上させることができるのです。買い手側の企業ばかりでなく投資家にとっても企業買収は大きな魅力を持ちますが、買収を実現させるには多額の資金が必要となります。自己資金だけで企業買収を実現できるほどの資金力を持つ企業や投資家はそれほど多くないため、不足分を金融機関や他の投資家から調達する例も多いものです。そのための手法としては市場での株式取得や株式交換の他、TOBとも呼ばれる株式公開買付けなどが挙げられます。いずれも買収先企業の持つ信頼性や将来性を担保とした資金調達方法ですが、最近ではレバレッジドバイアウトという手法による企業買収例も増加中です。LBOと略されるレバレッジドバイアウトは、少ない自己資金で資本の大きな企業の買収も実現しています。

レバレッジ効果で高利回り

企業買収資金を調達する方法として広く行われてきた株式公開買付けでは、多額の現金を準備することも避けられません。買付け量が証券取引所の上場基準を超過したとして、過去には上場廃止となった企業の例もあります。そうした経緯もあって、最近では少ない自己資金でも企業買収が可能なLBOによるM&A手法が増えているのです。優良資産を有する企業を買収する場合には、自己資本に他人資本をプラスして資金を調達することで得られるレバレッジ効果も高まります。自己資金を基に買収目的会社を設立することで資金調達へのさまざまな障壁が取り除かれるため、LBOによるM&A交渉も進めやすくなるものです。調達した資金で買収先企業の株式をすべて買い取った後に子会社化することにより、企業買収が完結されるのです。このようなLBOファイナンスの手法によるM&Aを成功に導くためには、買収先企業に関する財務状況等の入念な調査も欠かせません。M&Aアドバイザーを利用すればそうした調査も代行してくれるため、効率的に企業買収を進めることができます。LBOファイナンスは高利回りの投資手法としても注目を集めており、M&A関連業界が活性化しています。また、買収の際は相手企業のビルや土地といった不動産も得ることになります。ただ、これらは維持費が発生するので、きちんと使い道を考えておく必要があるのです。そのため不動産会社に相談しておけば、有効的な運用方法を教えてくれるでしょう。